みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 7月27日水曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

7月27日水曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

7月27日 水曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

何で仕事をするのか?

裏ブログの方でモッチーがそんなことを書いていたので

自分も真似して思考を言語化してみようかと思います。

僕が獣医師を志したのは中学2年頃のことです。

その頃に、家に一人のダックスフンドが来ました。

当時の僕はアホなので(今もですが)

毎日、接するうちに

仕事でも毎日犬と触れ合えたら最高やん、という単純な想いを抱きます。

で、動物関連で一番偉いのは何やろう?獣医か!

じゃあ、獣医になろう。そんな単純な理由です。

そっから紆余曲折を経て、10年後、無事に獣医師として社会に出るわけです。

なので、僕が今ここにいる原点は?と問われれば

単純に毎日犬に触りたいから、というだけの理由です。

そんなんでいいのか?と思われるかもですが、理由なんてそんなもんです。

社会に出て1年目の動物病院は

医療の内容というよりもホスピタリティーを重視する動物病院でした。

看護師さん達はコンシェルジュのセミナーなどを受講していましたし

接遇などに重きを置いた動物病院でした。

患者様にとってはすごく良い動物病院に見えていたと思います。

実際、病院の中で命を落とす動物達を目の前にしても

新卒獣医師である僕も

亡くなる理由が医療の質のヘボさだとは考えもしなかったですし

当時は仕方のないものだと考えていました。

で、二つ目の動物病院はガラッと内容が変わります。

病院が変わればここまでやることが変わるのか、とびっくりするぐらい

普段の診療内容が変わります。

実際に提供している医療の質うんぬんで語るのであれば

一つ目の動物病院よりは数段上の動物病院なのだと思います。

が、その質と患者様の受けが比例するとは限らないのがこの業界の皮肉なところですね。

実際に、一つ目の病院の方が二つ目の病院よりも口コミ数とか評価はかなり良いですし。

そうやって二つの病院を経た後に

今の僕があるわけです。

結論、ホスピタリティーも医療の質もどちらも大事だと考えています。

親切・丁寧な対応だけで流行る動物病院さんというものは実際多いと思いますが

それだけだと、どうしても患者様のことを騙しているみたいなので

僕はあまり好きではありません。

あくまで動物病院は医療を提供する場だと思います。

話がかなり逸れましたね。

話を仕事をなぜするのか?というものに戻しますと

現在の僕の仕事を行う理由は

自分のことを必要としてくださる人に精一杯の医療を提供することですかね。

前は、わんちゃん・ねこちゃんを飼っている人皆んなに

きちんとした医療を提供したい、という想いがありましたが

別に必要じゃないと考えている人に、押し売りみたいにしても意味はないなと今は思います。

獣医師会に入っているから、とか

歴史のある動物病院だから、とか

先生が優しい人だから、とか(いや、それは大事な要素か)

わけのわからない理由でそこの動物病院がきちんとした病院だと信じ込んでしまう人の考え方を

わざわざ正す必要はないなあ、という思いに至りました。

ある種の信仰心みたいなものを変えるのは容易ではないですし、変える必要もないと思います。

今通っている子に何か大きなイベントが起きないと、そういった信仰心は変わらないと思いますし

そうなってない人にいくら何を言ってもあんまり意味はありません。

どこの動物病院を選ぶかは、その人の自由ですからね。

そこを強制する権利は誰にもありません。

なので、今は僕を必要としてくださる人に全力で対応したいと思うようになりましたし

そこに全ての時間を使おうと考えています。

そこが今の仕事をする理由の一番の部分でしょうか。

ここ数日は慌ただしい日々が続いているのですが

それでも頑張ろうと思えるのは、そういう想いがあるからですかね。

とりあえず、一人一人に対して真摯に向き合いたいと思います。

それでは、今日はこのへんで失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事