みなとまちアニマルクリニックは、循環器・腎泌尿器・麻酔・集中治療など命に関わる分野に力を入れております。

  1. ホーム
  2. 動物病院
  3. 9月15日水曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

9月15日水曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

9月15日 水曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

コロナ陰謀論みたいなのがちょっと話題になっていますね。

中には、新型コロナウイルス感染症なんてそもそもなかったんだ、とか

色々とあるみたいですね。

僕自身、人の方の日本集中治療医学会に所属しておりまして

そこで日々、新型コロナウイルス感染症と闘っておられる集中治療医の先生方の姿を見ていると

何でそんな風な考え方が広まってしまうのかと疑問に感じてしまいます。

人間は、自分に都合のいい情報を信じやすいという心理的な傾向があります。

それに加えて、自分が信じた情報について

後押ししてくれるようなプラスの情報をさらに信じ込むという傾向もあります。

そうすると、どんどん悪循環に陥り

そこから抜け出すのが難しくなってしまいます。

ただ、別に、何を信じて何を信じないかは人それぞれだと思いますし

そこは自由でいいかとは思うんです。

実際、もしかしたら陰謀説の中には合ってるものもあるかもしれないわけですし。

ですが、その自分の考え方を人に強要するのはどうなのかな、と思ってしまうわけです。

そういった自身の考えを周りに押し付ける人というのは

どこの分野にも一定数いるように思います。

もちろん動物医療も例外ではなくて

無麻酔での歯石取りは、全身麻酔をかけないから動物に負担をかけずに歯石を取れます

みたいな考え方をしている動物病院や獣医師、ペットサロンさんもいくつかあります。

こういった悪質な行為によって少なからず動物の命は奪われている現状があるので

本当は即刻やめてほしいわけですが

きちんと取り締まることができていないのが今の日本なわけなので

そういった動物病院やサロンさんで施術を受けること自体が、飼い主様の自己責任みたいになってしまっています。

その現状は仕方ないのかもしれませんが

それがあたかも正しいかのように

全身麻酔をかけてきちんとしたスケーリングや歯科処置を行う動物病院のことを批判したり

全身麻酔は悪だ!みたいなことを広めないでほしいな、とは思います。

まあ、この人たちからしたら

お前こそ自分の考えを他人に押し付けるなよ、となるのかもしれませんが

そもそも歯石除去は医療行為なので

獣医師以外がやることがまず違法なわけです。

それに加えて、小動物歯科研究会も公式見解の中で

無麻酔での歯石取りがいかに危険なものかということを述べています。

冒頭でも述べたように

一度信じてしまったことを覆すことはなかなか難しいものです。

なので、危険だと知った上で、それでもなお無麻酔でやりたいと言うのであれば

僕はそれでいいと思います。

ですが、元々無麻酔歯石取りはひどく危険なんだよ、と知ってさえすれば

救われた命はたくさんありますし

もっと他の獣医師の話をきちんと聞いておけばよかった、という後悔の声を耳にしています。

そういった被害者をこれからも出さないためにも、ここに書かせていただいております。

当院では、無麻酔で歯科処置を行うことは絶対にありません。

もし、全身麻酔に不安のある方などがいらっしゃれば

直接病院にお越しいただいた際に、お話しさせていただければと思います。

それでは。今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事