みなとまちアニマルクリニックは、循環器・腎泌尿器・麻酔・集中治療など命に関わる分野に力を入れております。

  1. ホーム
  2. 学会・勉強会関連
  3. 9月14日火曜日の診察時間です。セカンドオピニオンに関してもご気軽に相談ください。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

9月14日火曜日の診察時間です。セカンドオピニオンに関してもご気軽に相談ください。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

9月14日 火曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

昨日の夜は、2週間に一度の輪読会の日でした。

なんだかんだ、休まずにちゃんと続いているのです。

が、中身は輪読会ではなく

みんなでセミナーについて話し合ったり

日々診察で出会う症例についてみんなで意見を交換しあったりしております。

経験年数が5年以上の獣医師が4人も集まれば

それなりに議論も深まるわけで

すごく勉強になることも多いです。

そんな中、昨日は症例検討会を行ったわけでありますが

やはり、視野狭窄というものは怖いな、と感じました。

視野が狭くなる疾患とか、そういう意味ではなく

この場合の視野狭窄は

周りが見えなくなって、自分の意見が正しいとしか思えなくなってしまう状態を指しています。

医療従事者の『思い込み』というものは

イコール誤診にも繋がりかねないことだと思います。

ただ、獣医師一人で診察業務を回していると

どうしても考え方が狭く狭くなりがちなのかなと感じました。

時には自分自身の診察内容を俯瞰してみることが大事ですね。

そういう意味では、定期的な症例検討会で

自分の診察内容を他の獣医師に評価してもらう機会というのは貴重なんだと思います。

それは経験年数の豊富な獣医師が複数人在籍する動物病院の強みの一つでもあると思います。

当院も早くその域まで登り詰めたいと思いますが

どうしても時間が経過しないと達成できないこともありますので

そこは徐々に詰めていきたいと思います。

ひとまずは、こうやって症例検討会をやれる機会に恵まれていることに感謝しつつ

今できることをやっていきます。

それでは、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事