みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 夜間救急

夜間救急

こんばんは。大山です。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

僕がこの病院で働き始めた2020年の3月から

ほんの少しの間だけでしたが、夜の0時まで診察時間を設けていた期間がありました。

午後の診察が終わってからの夜間の診療としてやっていたわけですが

実際に週に2、3人の患者様が訪れる感じでありました。

そうすると、獣医師が病院に残っていても患者様が訪れない日もよくあるわけです。

結果的に、なかなか病院の経営面からするとあまり採算が合わなくなってくるのです。

ただ、採算が合わないからといって需要がないかと言いますと

そういうわけではなく、絶対に夜間救急診療を必要としている動物は存在すると思います。

残念ながら、二年前の当院の影響力と言いますか、認知度はあまり高くなかったせいもあるとは思います。

まあ、今が影響力あるんですか?とか聞かれたらそんなかもしれないですが

少なくとも、皆様が興味ありそうな内容のブログを書くと

アクセス数が二倍ぐらいに増えるという事実がありますので

以前よりは認知されてきているのではないかと思います。

今始めたら以前よりは診察件数も増えるのかなあ、とか思うですが

僕も含め、病院スタッフの体調を患者様にご心配いただいているような状況の最中で

夜間診療を始めるとか言い出したら、頭おかしいんじゃないか?とかなると思います。

なので、やるなら安部氏が来てからだと思いますし

最初は安部氏一人夜間になるとは思います。

そこからミニマムでスタートし、徐々にスタッフを充実させていくしかないかなと。

ただ、彼は一人夜間の経験も長いですし

獣医師一人での診察と言えど、夜間の不安を少しは払拭してくれる存在になるのではないかと考えています。

ですが、救急という分野は

人医療の病院でもそうですが

社会的な必要性・需要はあったとしても、なかなか採算が合わない分野になります。

他の人が寝ている間に仕事をしているわけですから

どうしても人件費が高くなりますので

それを賄うための夜間診察料は当然高くはなります。

それでも、いつ使うかわからないけど準備しておかないといけない医療資材や医療機器などを考えると

人件費分を診察料に加えたところで、なかなか利益を生んでくれるような分野ではございません。

難しいですよね。

ただ、どうしても24時間安心して医療が受けられるという状況を作りあげたいわけです。

どうしたもんかなあ、と考えるわけですが

一つの病院でやろうとすると、病院自体がかなり大きくならないと難しいのかなと思います。

それなら、みんなで少しずつ負担すればいいんではないかな?という考えに至ります。

今の日本の保険制度のような感じで

患者様一人一人に少しずつ負担いただいて

自分の子がもし夜に何かあったときのための資金を出し合って

実際に夜間に診療を受けられる体制を整える感じです。

アホみたいな話かもしれませんが

実際に頑張ればそういった体制を作り上げることができるのではないかなと思うわけです。

が、本当に需要があるの?とも思うのです。

どれくらいの人が夜間動物病院の必要性を感じていて

夜間に診察できる環境を整えるためだったら

自分も少し負担したいです、という方がどのくらいいらっしゃるのか。

そこはわかりません。

夜間救急の動物病院についてのご意見や

24時間体制で診療ができることについてのご意見

今現在、診察が受けられない時間帯が存在する静岡市の現状について、などなど

実際の生の声を聞いてみたいな、とも思うので

またアンケートでも作ってみようかと思います。

もし何かご意見などございましたら

直接でも良いですし、ここにコメントいただいても良いですし

ご遠慮なく意見を聞かせていただければと思います。

なんか上手く地域に貢献できるような診療体制を作り上げることができたら最高ですね。

それでは、今日はこのへんで失礼いたします。

  1. つい最近、24時間の動物病院は、何処にあるのかを検索しました。

    うちでは、魔の時間と言ってるんですが、
    日曜日の18時から夜中1時までの間にやっている病院がなく、つい最近胃拡張になった子が居て 夜間救急が開く時間まで時間があったので、遠方の、24時間動物病院遠方まで行こうかと思いました。

    その時に病院を検索した時に、同じ時間にこの近辺の動物病院は何故閉めるんだろうと思いました。勝手な思いなんですが…
    平日も夜間救急が夜中の1時からなので
    それまでの時間と、朝4時から9時まで開いてる病院がありません。

    夜間救急はやはり、値段は高めですが
    夜間診てもらえるなら全然高いと思いません。

    大山先生に夜間救急を考えて貰えてる事が
    とても嬉しいです。
    保険制度みたいな、夜間にかかる子の為に
    資金を出し合うのは良いと思います。
    とても賛成です!!!大賛成です!!

    • >鼓太朗様
      いつもコメントいただきありがとうございます!
      確かにおっしゃる通り、静岡市の動物たちにとっては『魔の時間』かもしれません。

      どうにかその状況を打破すべきなのでしょうが、現時点で実現できていない以上
      なかなかハードルは高いものなのだろうなと思います。

      ですが、諦めるわけにはいきませんので
      色々と模索していきたいと思います。

  2. 24時間安心していつでも医療を受けられる環境は、人でも動物でも同じように必要だと思います。

    夜中急変して、朝を待つだけの時間は、本当に長く、何も出来ない自分が情けなくなります。
    いろいろあるとは思いますが、夜間診療を検討していただけてることは、本当にありがたいです。
    いつも元気で健康な子ばかりではありません。

    夜間診療のために出資するのは、私は賛成です。
    もしもの事は起きて欲しくはないのですが、絶対ないとは言えない中で、病院側だけでなく、受ける側も何が出来るか一緒に考えて行く必要があると思います。

    • >まつか様
      コメントありがとうございます。
      やはり夜間の時間帯を不安に感じてらっしゃる方は多いようですね。
      どうにか安心した夜の時間帯を提供できる環境を考えていかなければならないと思います。

      患者様と共に動物のためになることを考えていけたらなと思います。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事