みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. 未分類
  3. 6月6日月曜日の診察時間です。避妊手術と感謝と。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

6月6日月曜日の診察時間です。避妊手術と感謝と。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんにちは。大山です。

6月6日月曜日の診察時間です

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

今日の午前中は診察が大変混雑してしまい申し訳ありませんでした。

わんちゃんの狂犬病予防シーズン、フィラリア予防シーズンの

一番忙しい時期は過ぎたものの

日曜日の午前中はやはり予防とかはあまり関係ないみたいです。すみません。

当院を選んでいただいている方が増えてきた結果だと思いますので

きちんとした診察内容でお礼をさせていただきたいと思います。ありがとうございます。

そんな混雑した状況で

待ち時間を長くなってしまったにも関わらず

本日は嬉しいお言葉をいただきました。

その方は、先日当院で避妊手術をさせていただいたわんちゃんの抜糸のためにい来院されました。

避妊手術が終わってお家に帰ってからも

避妊手術をする前の様子となんら変わりなく生活ができたことに、とても喜んでおられました。

『こんな感じなら何度でも手術を受けさせたい』とおっしゃっていただけました笑

手術の際の疼痛管理が上手くいったのだと思います。

オーナー様はネットなどの情報によって、手術前はとてもご心配されていたようでした。

結果的に、本人の痛みだけでなく、ご家族の不安も綺麗さっぱり拭い切れて良かったと思います。

犬さんの避妊手術だけでというと語弊があるかもしれませんが

病気の治療ではなく

避妊手術をすることで、ここまで感謝されることもあまり多くはありませんので

スタッフ一同とても嬉しく思います。

ありがとうございます。

これだけ感謝のお言葉をいただけるということは

それだけご心配が大きかったということなのだと思います。

去勢手術や避妊手術は

どこの動物病院でも行われている一般的な手術であることもあってか

どうしても軽く考えられがちですが

実際に世の中には去勢手術や避妊手術の際に命を落としている子達もいるという現実があります。

それらのケースの中には

不可避の事故もあるのかもしれません。

ですが、話を聞いている限りでは

麻酔をかけたり、手術をしたりする動物病院側の問題が多くを占めているように感じます。

このような問題を解決していくには

すべての動物病院が一定以上の医療レベルに達しないといけないわけですが

現状、獣医師の免許を更新するための試験なんかもないですし

別に勉強し続けなくても、仕事を続けていくことができるという状態です。

全身麻酔監視人みたいな集団とかがあって

不定期に色々な動物病院を視察するシステムみたいなんがあれば良いとは思うんですけどね。

なかなかそんなことも現実的には難しく

勉強したい先生はずっと知識や技術を高めていきますし

勉強しない先生の診療はずっと昔のまま変わることはありません。

それぞれの動物病院が雑多に混在しているのが今の日本の動物病院事情でありまして

それを患者様側から知ることはなかなか難しい状態です。

ほんとどうにかならんもんですかね。

結局は、実際診察を受けてみての感想とか、納得できる説明だったかとか

病状が良くなったかどうかとか

そういうことしか患者様側には判断する材料がないですもんね。

あとは、知り合いからの口コミとかでしょうか。

ですが、去勢手術や避妊手術なんていうものは一生に一回なわけなので

何頭も手術を受けた経験をお持ちの方は、比較することができるやもしれませんが

初めてわんちゃんとの生活をスタートした方などは、わからないですよね。

飲食店みたく

ミシュランのような審査員みたいなのがスパイみたいな感じで度々動物病院を訪れて

星とかで評価してくれたらわかるんでしょうが

誰が評価するんや、という話になりますしね。

しょうもない話ばかり書いてる時間があれば勉強しろよって、感じですね。

はい。すみません。

とりあえず、僕の伝えたいことは

今日とても感謝していただいたことはものすごく嬉しかったです。というただそれだけです。

こちらこそありがとうございました。

そのお言葉を多くの方々から受け取れるようにこれからも頑張りたいと思います。

それでは、今日はこのへんで失礼いたします。

  1. 避妊手術をしていただきました
    伝えたい言葉は
    ありがとう!!
    私の覚悟としては 1週間絶対安静 傷口グルグル巻き ワンコ精神的に相当なダメージ
    術後 痛み止めと抗生物質処方 
    でも、お腹切るんだし 仕方ないか
    頑張ろうねーワンコと思ってました・・
    でも、でも、
    その次の日にはお散歩オッケー
    薬とか無いし?クリニックに一泊して寂しがってると思ったら、なんなら先生とスタッフの方になじんでるし、なにより なぜか すごーく元気 すごいよ!
    ワンコへのストレスを最小限にするための病院のスキルの高さと、動物への愛情感じました どこの病院もこんなんでないかもです。

    私のありがとうに、こちらこそありがとうと言える先生の謙虚さと誠実な向き合い方に
    ビックリ 
    まだ元気なワンコなので残念ながらお世話になる事そんなに無いと思うけど これからもよろしくです!
    しつこく言わせてね ありがとう!

    • >ARUKUさん
      嬉しいコメントをありがとうございます。
      避妊手術とは言えど、わんちゃんとご家族にとっては一大イベントだと思いますし
      御不安に感じることも多いと思います。

      そんな飼い主様の不安とわんちゃんの痛みをできるだけ少なくできるように
      これからも最大限努力させていただければと思います。

      そういった嬉しいお言葉をいただけることが
      僕たちの仕事へのモチベーションにも繋がりますので
      こちらこそ改めてお礼を述べさせてください。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。