みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 5月28日土曜日の診察時間です。全身麻酔に関するご相談はいつでも受け付けております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

5月28日土曜日の診察時間です。全身麻酔に関するご相談はいつでも受け付けております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

5月28日 土曜日の診察時間です。

午前中 9時30分 から 12時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

今日は久しぶりにライン公式アカウントの配信をしてみました。

なんだかんだ1ヶ月ぶりとなってしまいました。

最初は月2回とか言ってたくせに、全然できていなくてすみません。

今年の2月からスタートしたライン公式アカウントですが

あまり大々的に宣伝はしていないのですが

1日お一人はどなたかが友達追加をしてくださっていて

もうすぐ200名に突破しそうな感じです。

それなのに更新していなくて&中身のない内容ですみません。

ラインの配信の難しいところはですね。

文字数制限があるところなんですよね。

例えば、このホームページにいつも書いているブログにも

望月が書いてくれている裏ブログにも

基本に文字数制限はありません。

ツイッターというSNSをきちんと経てきていないせいか

文字数を少なくして発信するということに僕は慣れておりません。

逆に、何文字でも書いていいよ?と言われれば

結構延々と書き連ねていくことは可能なのですが

書きたい情報をコンパクトに纏めるのが苦手なのかもしれません。

だって、LINEの配信って500文字しかダメなんですよ?

500文字と言えば、どのくらいだと思いますか?

今日のこの中身のないブログで、今このタイミングでちょうど500文字を超えています。

全然、書き足らないですよね。

いや、もっと簡潔に伝えたいことを書けばいいんじゃないか?と言われればそうなのでしょう。

ただ、伝えたいことを伝えていると

また新たに伝えたいことが出てきてしまい、結果的に最終形態は長くなってしまいます。

診察で長くなるのもそのせいかもしれません。

LINE公式アカウントの現時点での役割としては

当院のブログやYoutubeへの導線としてのツールであること

緊急的な連絡の際に、ペット手帳と並行して送るためのツールであること

現時点ではこの二つぐらいかなと。

設定を変えれば、患者様と病院の一対一でのラインでのやり取りというものができるのですが

今のところその予定はありません。

ちょっとした相談案件とかには便利なのかもしれませんが

素早いリスポンスを行うことがタイミングによっては難しいことと

診察に来て相談されるとお金がかかるのに

ラインだったらお金がかかりません、では何となく不平等なきもするのでやりません。

じゃあ、お金を取ればいいのでは?となるかもしれませんが

価格設定の線引きが難しいと感じております。

相談時間によって決めるのか?やり取りの回数によって決めるのか?

それとも月額制にするのか?などなど

おそらく考えれば、やりようはあるのだとは思います。

が、即時の対応が難しい以上

結果的に治療介入の遅れる可能性があることには現時点では手を出さないほうが良いかと考えます。

コールセンターみたいに24時間いつでも電話対応できます、みたいな病院さんなら良いのかもしれませんね。

提供しているサービスが医療という分野である以上

ある程度、迅速性を伴うものでないといけないと思います。

時間がある時に返信しとけばいいや、で済む問題ならいいのかもしれませんが

1分1秒を争う自体の可能性だってあります。

そうした時に、相談窓口があってしまったせいで

逆に、即時来院するという判断に待ったをかけてしまうのであれば

何のためのサービスなのかわかりません。

結果的に来院を促すことになるのであれば、最初から病院に来とけば良かったやん、ってことになりますしね。

なので

とりあえず当分のライン公式アカウントの役割は

ただ単に

にゃんごろう君が本ブログと裏ブログの月間ランキングをお知らせするツールというだけです笑

あとは、ブログとかに飛ぶためのリンクとして使用することもできるのかもしれませんが

何かもし、こんなんいいんじゃない?みたいなのがあれば教えてください。

そんなわけで今日はこのへんで終わりにしますが

こんなライン公式アカウントでよろしければ、友達追加をしていただくと嬉しいです。

あと、よろしければyoutubeの方も覗いてみてください↓

それでは、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事