みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 5月12日木曜日の診察時間です。救急疾患・全身麻酔・集中治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

5月12日木曜日の診察時間です。救急疾患・全身麻酔・集中治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

5月12日 木曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

ずっと更新せずにあった『獣医師達の談話』のyoutubeですが

もうすぐ新しい動画がアップされそうです。

ただただ先週の日曜日にみんなで話し合っていた内容を録画して

それを大阪の福間先生が編集してくださっただけなので

皆様にはあまり役に立つ話ではないかもしれません。

ですが、2週間に一回という頻度で日曜日の夜21時から

長い時には夜中1時近くまで

どうやったらより良い獣医療を提供できるのか?みたいな感じで話し合っているんだよ。

(そんなに大げさなものでもないかもしれませんが、本人達は大真面目に話し合っています。)

というただその事実を知っていただきたいというだけです笑

ただの自己満足です。

そこにお付き合いいただける方だけ覗いていただければと思いますし

僕たちが話し合っていることの内容は

学術的な根拠がある箇所とない箇所があります。

その点はご了承ください。

またyoutubeにアップされ次第、連絡いたします。

その動画の中でも触れておりますが

先日、うちの次男が熱性けいれんで救急車で運ばれまして

そのまま4日間入院して、無事に退院したのですが

今日その入院費の請求をいただきました。

一桁間違っているのでは?と感じるぐらいの値段でして

ほんと、日本の医療の保険制度って素晴らしいなと思います。

特に小児の医療制度に関しては皆様にお世話になりっぱなしなので

僕は頑張って税金を納めないといけないなといつも思います。

なので頑張って働きます。

動物医療においても保険に加入されている患者様の割合は

以前と比べてかなり増えてきた印象は受けますが

人間のそれと比較するとやはりまだまだ少ないなとは感じます。

動物保険に加入してくださる方の割合が増えれば

最大限の医療を提供できる機会も増えるのになあとつくづく思います。

当院が力を入れている

救急・麻酔・集中治療なんていうものは

きちんとやろうとすればするだけ、人手もお金もかかります。

結果的に飼い主様への請求額は増えてしまうわけです。

動物病院なんてどこも同じでしょ、と捉えられている患者様にとっては

ぼったくりの動物病院に映るでしょう。

通常の診察業務をこなしながら

スタッフで分担して24時間ずっとモニタリングを続けることが

如何に大変なことかなんていうのは全く伝わりません。

何で夜中ずっと監視してただけでこんなにも金額を取られなきゃいけないの?ってなるかもしれません。

必要とあれば血液検査を一日に何回もやる動物病院よりも

1回しかやらない動物病院の方が余計な検査をしない動物病院だから良い動物病院だ!ってなるかもしれません。

以前は、みんなにそこらへんの所を理解して欲しいなあと思っていましたが

最近は、まあ別に良いかなと考えるようになりました。

動物が好きです、と口では言うものの

家族同然に犬さん・猫さんのことを考えてらっしゃるかたもいれば

どちらかというとアクセサリーみたいな感覚の方も悲しいですがいらっしゃいます。

ペットショップさんやブリーダーさんでは商品扱いされたりしまいます。

自分たちの子どものように、もしくはそれ以上にお家の犬さん・猫さんを大事にされている方には

当院の考え方とか診療内容を理解していただきたいなあと思いますし

わかっていただくために最大限の努力をしたいとも思います。

ですが、動物のことをあたかも物のように捉えてらっしゃる方に

いくら医療がうんぬんという話をしたところで全くもって聞く耳をもってくれません。

ただ、動物病院は狂犬病ワクチンを打つところという認識みたいです。

考え方は人それぞれですし、そういった方々の意見を変えようというつもりも全くないのでそれはそれで良いと思うので

できれば当院とは関わらないでいてくださると、ありがたいなあと思います。

できる限り動物のことを家族同然に考えてくださっている飼い主様に多くの時間を使いたいとわけです。

徐々にヒートアップしてきてこのままだと炎上しそうなので、そろそろ終わりにしたいと思いますが

ちゃんと病院のことを理解して欲しいなら

きちんと何もかも病院の中を公開していかないといけないんでしょうね。

youtubeやインスタなどを利用すれば、そういったことが可能な時代ではあるので、やっていくべきなんでしょう。

今日はこのへんでおしまいにしたいと思います。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事