みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 4月15日金曜日は休診日となります。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

4月15日金曜日は休診日となります。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

4月15日 金曜日は休診日となります。

よろしくお願いいたします。

みなとまちアニマルクリニックという動物病院は

高度な二次診療動物病院が存在しない静岡市において

市の中核を担う動物病院になり

静岡市内で多くの疾患を完結できる動物病院になれることを目指し進んでいます。

病院を大きくしていくためには

それ相応の覚悟が必要であって

それなりに犠牲を伴うものなんだなと最近思うことがありました。

おそらく、大きくすることを考えず

病院のやり方にどこかで折り合いをつけて、妥協をすることを検討すれば

案外平和に病院を存続し続けるのだと思います。

そっちの方が、病院をやってる当人たちは平和で楽かもしれません。

でも、望月と僕はそうじゃない道を選びました。

二年前にここに来た時からずっと綱渡り状態でなんとかなっている道です。

三歩進んだなと感慨深く物思いに耽っていたと思ったら

次の日には二歩後退することを余儀なくされるようなそんな道のりです。

何のためにこんなに辛いほうをわざわざ選ぶのかなあ、と不思議に思うこともあります。別に

別に自分たちがやらんくても、他に誰かがやってくれるんじゃないか?とか思うこともあります。

自分たちで自分たち自身をこんなに精神的に追い込む必要なんて本当にあるんかなとも思います。

ですが、そんな想いが一瞬頭をよぎったとしても

目の前の患者様の顔と動物たちの姿を見たら

自分らがやるしかないでしょうという気持ちに置き換わります。

先日、病院で亡くなった子のお父様が

今日のお昼にわざわざお礼を言いに来てくださいました。

僕としては助けることができなかったことを謝らないといけない立場なのに

亡くなったわんちゃん・ねこちゃんの多くの飼い主様がこうやって足を運んでくださいます。

本当にありがたいことですし、感謝しかありません。

そういったお言葉を頂いて、立ち止まっているわけにはいかないでしょう。

僕の手で助けることのできなかった動物たちとそのご家族のためにも

当院は是が非でも大きくならねばなりません。

そのためには血の滲むような努力も血を吐くような思いも、すべてを受け入れるしかないのでしょう。

数年後に

自分たちが歩んできた道のりを振り返った時に

笑顔でいることができればそれでいいのかなと思います。

とりあえず、今週はお疲れ様でした。

また明後日からよろしくお願いいたします。

それでは、今日はこのへんで。

youtubeのチャンネル登録はこちらからお願いいたします↓

https://www.youtube.com/channel/UCm42JCaUUs4qes_UI-j82YA

当院でのご経験などをこちらに書いていただけると嬉しいです↓

https://g.page/r/CUM1xhKUO1ueEBE/review

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事