みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 2月6日日曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

2月6日日曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

2月6日日曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 14時 から 18時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

漫画ONE PIECEの主人公、モンキー・D・ルフィは

僕が憧れているリーダー像の一つです。

ルフィは海賊王になるという少年の時に抱いた夢を

今もなお貫き続けています。

そういった軸がブレないリーダーシップというのはもちろん憧れる一つの要素ではあるのですが

僕的に一番すごいと感じることとしましては

ルフィはいずれこの海の王となる男だと

仲間である船員の全員が心から信じていることだと思っています。

ルフィは仲間がいないと自分は海賊王になれない、と言いますし

仲間はルフィを海賊王にするためだったら自らの命を懸けて敵と戦います。

まさにチームとして最高の形の一つなんじゃないかと僕は思います。

いや、漫画やし・・・と言われれば、その通りです。

ただ、実際そういうチームは強いのは間違いないと思います。

みなとまちアニマルクリニックは、顧客満足度・従業員満足度日本一の動物病院を目指しております。

具体的にどうなったら日本一の動物病院と言えるのか?

明確な指標があるわけではありません。

ラフテルにあるワンピースを手にしたものが海賊王と呼ばれます

みたいな決まりがあるわけではありません。

客観的に数値化できるような日本一の動物病院指数みたいなのがあるわけではありません。

googleやその他の口コミサイトの数値なんかですとか

飼い主様やスタッフのみんなに取るアンケート調査みたいなものも

一つの指標になるのかもしれません。

ですが、僕個人としましては

当院に来ていただいた飼い主様が

その子の最期の時を迎えた時に

『この子と一緒に過ごせた人生は本当に幸せだったな』と振り返ることができて

かつ『こんなに人生を豊かにしてくれる存在ならまたいつか動物たちと暮らしてみよう』と

動物と一緒に生活をすることに対してとても前向きになれることです。

そういう気持ちになれるように動物病院として関わり合いができることだと思っております。

また、その動物病院で働いているスタッフにとっては

スタッフ自身が

『自分たちの存在がこの地域の動物医療を支えており、それによって

ご家族の幸せな時間を増やすことに貢献できているのだな』と心から実感できることです。

そういう職場として動物病院を運営していくことだと思っています。

この飼い主様・スタッフの双方の満足度をあげていく方法はいくつもあると思います。

病院の外観、清潔度、ホスピタリティ、待ち時間の短さ、医療費用の安さ・・・

こういったものでも顧客満足度は上がると思いますし

福利厚生の充実度合い、人間関係の良さ、休日の多さ、有給休暇消化率・・・

などでも従業員満足度は上がるのだと思います。

ただ、当院は動物病院なんですね。

犬さん・猫さんの『病院』なんです。

病院は病気の予防・治療を行う場所です。

その点を踏まえると

『医療の質』というもの以上に

顧客・従業員双方の満足度を上げるものはないのではないかと僕は考えております。

いや、中にはいらっしゃるとは思いますよ笑

別にテキトーに注射打ってくれたら良いから

待ち時間も少なく、診察費用も全然かからない病院が良いという方もいらっしゃるとは思います。

別に自分が働いている病院の先生がやっている治療が良くなかったとしても

ちゃんと給料がもらえて、休みもたくさんあるんだから全然気にしません、という方もいるでしょう。

ただ、仮に人間の医療も動物と同じ自由診療であると仮定した時に

僕が自分の子どもを小児科に連れていくとしたら

求めているものは『きちんとした医療』であり

安さでも待ち時間の短さでもありません。

ちゃんと診察してくださって、適切な治療を施していただけるのであれば

何時間でも待ちますし、費用も気にすることはないと思います(もちろん限度はありますよ笑)。

働く職場として考えた時にも

いくら給料が良くて休みが多いからって

病院としてやっていることがちゃんとしたものではないのなら

そこには誇りも何も持てないですし

社会的な役に立っていないと自分で考えるのなら、そこでの仕事を続けたいとは思いません。

今現在、幸いにも動物病院の院長という立場で仕事をさせていたただいていますので

自分達の動物病院をどういう方向性の病院にしていくか?ということを

ある程度決めることのできる立場に置かせてもらっています。

そうすると

自分が飼い主の立場となった時に、自分の子のを連れて行きたいと感じるような

動物病院にしたいと思いますし

自分が従業員として働いていて、ここの病院ではご家族にとって最も良い治療を提供できているんだ

と心から誇りを持って働くことのできるような動物病院にしたいと思っています。

結論、当院の目指すべきところは、最高の医療が提供できる動物病院であって

そのためにCT装置や血液透析機器、高度ICU設備などの導入を目指しているわけです。

同時に獣医師さんと動物看護師さん、その他スタッフの人員も充実させ

病院規模が大きくなったとしても、一人一人の患者様にきちんと向き合える動物病院を目指します。

そうやって、患者様にもスタッフにも

ここは一番の動物病院です、と心から言っていただけるような動物病院になる予定です。

若造が調子乗ったこと書くなよ、と言われるのでしょうが

僕が日本一の動物病院を作ると志したのは中学生の頃の話なので

他人が聞くと調子に乗ったようなことを言うのは今に始まったことではないのです。

ごめんなさい。

ただ、当院を選んでいただいている以上

今はまだ病院が大きくなろうとしている途中であったとしても

来ていただいている患者様、働いていただいているスタッフのみんなには

この病院で良かったなと思い続けてもらえるように頑張るつもりです。

2月に入って少し病院が落ち着きましたので

今日は改めて、動物病院としての(というか個人的な?)方向性を書かせていただきました。

これからも当院をよろしくお願いいたします。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

当院のご評価や実際のご経験などを書いていただけると嬉しいです↓

https://g.page/r/CUM1xhKUO1ueEBE/review

当院のことを知っていただくためにご協力いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事