みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. 動物病院
  3. 12月15日水曜日の診察時間です。腎臓病・心臓病の診断と治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

12月15日水曜日の診察時間です。腎臓病・心臓病の診断と治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

12月15日 水曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病のわんちゃんや

慢性腎臓病などの腎臓病の猫ちゃんにおいて

体重が減少していく子達と

体重が維持できている子達では

体重がある子の方が生存期間が長くなる傾向にあります。

当たり前のように感じるかもしれませんが

体重を落とさない・筋力を落とさないということは、慢性疾患においては非常に大事でありまして

やはり食べて栄養を取ることというのは生命が生きる上で非常に大事な行為なのであります。

先日の周術期における栄養管理についてのセミナーにおいても

動物本人が食べる・食べないではなく

術後は何が何でも消化管を動かして食べさせる、というお話でした。

おそらく、外科疾患だけでなく

内科疾患においても食べさせることが大事なのは同じだと思います。

人の医療においても

たとえ人工呼吸管理下であろうと

循環が安定したら、できるだけ早期の経腸栄養の開始が推奨されております。

やはり、絶食するということのデメリットが大き過ぎるのかなと思います。

というわけで、本日入院の子のお一人にも

先日のセミナーで学んだことを早速活用して、栄養療法を開始しております。

感触が良さそうであれば、これからも積極的に利用していこうかと考えております。

少しずつ診療の幅を広げていくことで

より良い結果を残していけるよう頑張りたいと思います。

それでは、今日はこのへんで。

以下、追伸的な感じで・・・

本日、Google の当院の口コミが70件になりました。

毎回キリのいい大台に乗ると、なんとなく感慨深い気持ちになるのです。

口コミの件数というものは、病院に対する評価が客観的な数字として現れるので

どうしても気になってしまいまして

良い評価の数が増えるということは、それだけお褒めの言葉を頂戴できているのかなと捉えております。

ほんと皆様いつもありがとうございます。

これからも頑張り続けたいと思います。

来年中に100件を超える動物病院になりたいな、と思っています。

ご協力いただけるとありがたい限りです笑

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事