犬さん・猫さんの心臓病・腎臓病・麻酔・救急医療に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. つぶやき
  3. 12月5日日曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

12月5日日曜日の診察時間です。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

12月5日 日曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 14時 から 18時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

物事に対する考え方・捉え方をマインドセットと言いますが

周りからの評価を重要視してしまう考え方を証明マインドセットと表現するのに対し

自分自身の中の成長を重要視するのを成長マインドセットと言ったりします。

基本的に、『マインドセットを証明から成長へ変えよう』と言われるように

承認欲求が止まらない証明マインドセットの人よりも

過去の自分よりも今・未来の自分が一歩でも前へ進んでいることを良しとする成長マインドセットの人の方が

良いとされています。

そういった考え方を個人ではなく一つの動物病院に当てはめてみた時に

証明マインドセットの病院は、患者様や社会からの評価・口コミを上げることを目指す方向に向かうのに対し

成長マインドセットの病院だと、自分たちが提供できる動物医療の質を向上させ

より高度な医療を必要とするような症例に対しても対応できることを目指していくことになるのかなと思います。

一見、どちらも良い動物病院のように思えてはしまうのですが

他者からの評価の証明に重点を置いた場合

正しい医療を提供しているうちは良いとは思うのですが

費用の安さを重要視したり、その日限りの結果ばかりを求めてステロイドを乱発してしまったりという

医学的に考えると誤った方向性に進んでしまう可能性を孕んでいます。

一方で、病院の成長というものに重きをおく考え方で進めていくと

助かる命の数は日ごとに増えていき

結果として、社会的評価も後から付いてくるようになるのではないかな、と思います。

ここ数日すごく感じることがあります。

1日1日を毎日必死になって仕事をしていると気づけないことなのかなと思うのですが

ふと、半年前や1年前の当院の状況を振り返り

『今の当院』と比較してみると

確実に病院としてできることの範囲と質は向上しているように感じます。

去年の自分達なら助けることができなかったであろう子達を無事に退院させることができた時

この病院も成長しているんだなと感じました。

誰が見ているわけでも、誰かが褒めてくれるわけでもありませんが

僕的にはそういった瞬間が小さくガッツポーズをする瞬間であり

そのガッツポーズの連続が病院を大きくしていくのだと思います。

成長の理由を問われれば

間違いなく一緒に働いてくれている動物看護師さん達の頑張りが一番大きいように思います。

当院のスタッフは皆本当に頑張り屋さんばかりで

見ているこっちが大丈夫かなと不安になるところもあるのですが

一人一人のそういった頑張りが当院の成長を支えているのだと感じています。

僕個人の成長なんていうのは本当に微々たるモノで

彼女達の存在がなければこの病院はおそらく存続できないわけです。

本当はもっと声を大にして言いたいわけですが

あまりに言い過ぎるのも嘘くさくて嫌なので

たまにこうやってブログで皆様に共有したいと思っています。

当院のスタンスは

働くスタッフ達の成長と、それに伴う動物病院全体としての成長に重点を置く

そんな動物病院であることです。

相変わらず、何を言いたいのかはっきりしない内容ですみません。

結論、病院として強くなっているなと最近実感できたのが嬉しかったよという、ただそれだけのことです。

今日のは求人案内ではありません。

それでは、このへんで失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事