みなとまちアニマルクリニック(清水区動物医療センター)は、心臓病・腎臓病・麻酔に力を入れている動物病院です。

  1. ホーム
  2. 動物病院
  3. 12月2日木曜日の診察時間です。当院は心臓病・腎臓病の診断・治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

12月2日木曜日の診察時間です。当院は心臓病・腎臓病の診断・治療に力を入れております。静岡市清水区の動物病院、みなとまちアニマルクリニックです。

こんばんは。大山です。

12月2日 木曜日の診察時間です。

午前中は 9時30分 から 12時 まで

午後は 17時 から 20時 まで(受付は診察終了30分前まで)となります。

よろしくお願いいたします。

心臓病の診断には心臓のエコー検査

腎臓病の診断には血液検査や尿検査・画像検査などなど

各種疾患に対して適切な検査を組み合わせて診断を下していくのが医療というものなのですが

どんな疾患においても

最初は身体検査というものが重要となります。

視診、触診、聴診など五感を頼りに検査を行うわけです。

僕的には身体検査があらゆる検査の中で一番重要だと捉えていますし

当院の看護師さん達にも

当日手術する予定の子達は、手術前に身体検査をしてもらっています。

来年から入る予定の新卒の獣医さんにも

最初は身体検査を徹底的に練習してもらう予定でいます。

それぐらい大事だと認識しているにも関わらず

今日は少し判断が遅れてしまった子がいました。

反省です。

動物は自分で自分の症状を口に出すことができません。

心拍数が速いのが、興奮しているからなのか、緊張しているからなのか?

痛いからなのか?脱水しているからなのか?

そこはこちらが判断しなければなりません。

本当にいつまで経っても難しいなとつくづく思います。

今まで何万回と身体検査をしていても

そういったことがあるわけなんで

おそらく一生極めるということはないのではないか?とか考えているんです。

きっと大事なのは、何かおかしいな?と気づくことと

その第六感とでもいいましょうか

そういった自分の感覚を大事にしてあげることかなと思います。

今日の子も結局はそのおかしいな?から病気の発見に繋がっているので

結果的に身体検査の結果が正しかったわけであります。

見た目上、元気そうだからといって

そのおかしいな?をスルーしてはダメということですね。

結局は大事には至らずに済んではおりますが

身体検査の重要性というものを改めて実感した日でありました。

初心忘るべからず、ではないですが

いつまでも身体検査を大切にする獣医師でありたいと思います。

それでは、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事