みなとまちアニマルクリニックは、循環器・腎泌尿器・麻酔・集中治療など命に関わる分野に力を入れております。

  1. ホーム
  2. 去勢手術・避妊手術をお考えの方へ

去勢手術・避妊手術をお考えの方へ

近年、去勢手術や避妊手術を希望される飼い主様が増えてきました。

男の子に対するの不妊手術を去勢手術

女の子に対する不妊手術を避妊手術と言います。

 

わんちゃんやねこちゃんを初めて飼われる方は

 

これら手術について疑問に思うことや

 

具体的な内容について知りたいことがたくさんあると思います。

 

このページでは一般的な去勢手術・避妊手術に関する

メリットやデメリットについて

また当院における去勢手術・避妊手術の特徴を書かせていただきます。

 

男の子(去勢手術)

・精巣自体の疾患(精巣炎、精巣捻転、精巣腫瘍など)や精巣ホルモンが影響するとされる疾患(前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など)の予防ができます。

・マーキングやスプレー行動などの改善が期待できます。

・無駄吠えや攻撃的な行動の緩和が期待できます。

女の子(避妊手術)

・卵巣や子宮の疾患(子宮蓄膿症、子宮内膜炎、卵巣腫瘍など)の予防ができます。

・早期の手術の実施により、乳腺腫瘍の発生率を大幅に下げることができます。

・わんちゃんの場合、発情出血に伴うオーナー様の手間がなくなります。

・猫ちゃんの場合、発情に伴う独特な叫び声がなくなります。

術後の体重増加傾向

 男の子の女の子も去勢手術・避妊手術後に体重が増加する傾向にはあります。

ただし、こちらに関しては適切な給餌量の給与、フードの選択により予防は可能です。

全身麻酔や痛みを伴うリスク

 全身麻酔を行う際に使用する薬剤に対するアナフィラキシー症状を示すことがあります。

ただし、これらは10000頭に1頭以下のの割合と言われており、発生自体はかなり稀であり

また、麻酔中であるため万が一アナフィラキシー症状が起きた場合であっても、迅速に対応することが可能である場合が多いです。

その他、一般的な全身麻酔に対するリスクや手術に対する痛みなどのデメリットに対する対応については下記をご参照ください。

当院における去勢手術・避妊手術の特徴

わんちゃん・ねこちゃんに
負担の少ない手術を目指しております
低侵襲な手術方法

高周波ラジオ波メスの導入により

切る部位の熱損傷を抑え

微細な切開・凝固を可能にします。(侵襲製の低い手術)

 

手術侵襲を低減することで

手術における痛みを少なくし、動物への負担を減らします。

 

また、糸を極力使わない手術を実施することで、手術時間の短縮され、動物への負担の軽減につながると考えています。

麻酔・疼痛管理

当院の大きな特徴の一つとして

すべての手術を外科医とは別に麻酔医を配置した手術体制を取っています。

 

麻酔医による術前・術中・術後の管理により

手術における痛みを少なくするのはもちろんのこと

循環・呼吸管理なども徹底的に行います。

 

獣医師二人以上で手術を実施することで

手術による動物への負担を減らすと同時に安全性を確保するよう心がけております。

術後の抗生剤を使用しない

昨今、抗生剤の乱用が医学領域・獣医学領域の双方で問題視される中で

去勢手術や避妊手術後の不適切な抗生剤の使用も問題視されております。

本来、健康な動物に行う去勢手術・避妊手術は感染症症例ではありませんので

手術の後に抗生剤を使用する必要はありません。

 

不適切な抗生剤の使用は

その個体周囲の環境における耐性菌の発生を助長し

その子の治療の選択肢を狭めていく可能性があります。

 

当院では、原則的に不妊手術において術後に抗生剤を処方することはありません。

また、その取り組みによる弊害も一例も発生しておりません。

少しでも動物たちとそのご家族により良い環境を提供できればと考えております。

去勢手術および避妊手術は予約制になります。
まずはお電話にてご連絡いただくか、直接病院までご来院ください。